NPO法人 福岡県防犯設備士協会TOP > セキュリティ・アパート > 「セキュリティ・アパート認定制度」ってなに?

「セキュリティ・アパート認定制度」ってなに?

セキュリティ・アパート認定制度のカタログ
セキュリティ・アパート認定制度とは?

住宅への侵入を伴う性犯罪や窃盗などの犯罪防止と入居者の犯罪不安を解消することを目的に、アパートやマンションなどの賃貸集合住宅を対象に防犯に関する基準を定め、一定基準を満たした物件を認定する制度で、福岡県、福岡県警察、佐賀県警察、福岡市、北九州市が後援しています。
なお、認定を受けられる物件は、新築、既築を問いません。

セキュリティ・アパート認定制度の基準は?

住宅に侵入しようとする犯人に、犯行をあきらめさせるために
● 侵入されにくい構造・設備の完備
(明るさ・見通しの確保、強固な扉や窓ガラスへの感知装置の設置等)
を必須項目としているほか、万が一、侵入された場合に備えて、
● 外部への連絡手段の完備
玄関、浴室、寝室への屋外防犯ベル等と連動した警報装置の設置
を必須項目としています。


※ 詳細な基準項目は、こちらの審査基準をご覧下さい。(91.7KB)

認定を受けるためには?

協会に申請を行って、住宅が基準を満たしていることを確認する審査を受けてください。
申請には、図面や防犯機器等の仕様書で確認を行う「仮認定申請」と、現地調査を行う「認定申請」があります。料金は、仮認定申請が1万2千円、認定申請が2万8千円です。

※ 認定を受けるまでの流れは、こちらをご覧ください。
※ 申請書類は、「各種資料のダウンロードはこちら」からダウンロードしてください。

認定を受けたらどうなるの?
セキュリティ・アパート認定プレート
佐賀県内のアパートは後援が
佐賀県警察になります

審査の結果、認定基準に適合していれば、認定証と認定プレートをお渡しします。
認定プレートを屋外に掲示することで、被害リスクの軽減や入居者・家族の安心感の醸成に加えて、入居者や社会の防犯ニーズに対応した住宅として、入居者アップが期待されます。
認定プレートは、1万5千円です。