安全で安心して暮らせる街づくりのお手伝い
  • 安視ん君
  • セキュリティーサービス専門会社ディフェンスバード
  • バナー広告募集中
トピックス
第2回福岡県警察犯罪予防研究アドバイザー報告会を開催しました

11月30日福岡東区なみきスクエアーで県警主催、福岡市と当協会が共催し「福岡県警察犯罪予防アドバイザー発表会」を開催しました。
これは県警委嘱の犯罪予防研究アドバイザーの調査・研究の成果を発表いただいたものです。
発表者は樋野 公宏(東京大学大学院準教授)、有馬 隆文(佐賀大学教授)、柴田 久(福岡大学教授)、山本 啓一(北陸大学教授)、雨宮 護(筑波大学准教授)、柴田 建(大分大学准教授)の先生方です。
発表内容等は県警ホームページに掲載されていますのでご覧ください。

→福岡県警察犯罪予防研究アドバイザー制度研究成果報告書(11.4MB)


第2回福岡県警察犯罪予防研究アドバイザー報告会
福岡市、北九州市で防犯カメラの補助金制度が実施されています。

詳しくは当協会のトップページのバナーから検索できます。
→ 福岡市街頭防犯カメラ設置補助金制度について
→ 北九州市防犯カメラ設置補助制度について

最新の活動報告

活動・行事名:自治会への防犯カメラ設置に向けた現地でのアドバイス
日時:H30年11月27日
場所:福岡市西区元浜地区
概要:人口増による犯罪発生が予想されることから犯罪抑止の為、防犯カメラの設置を検討中
派遣アドバイザー:山本 栄樹


活動・行事名:保育所における防犯カメラの設置アドバイス
日時:H30年11月14日
場所:築上郡上毛町
概要:保育所での防犯カメラの設置、効果的な設置場所のアドバイス
派遣アドバイザー:藤満 弘

セキュリティ・アパート認定制度とは
プレート: B5サイズ(182×257mm)
セキュリティ・アパート認定制度 登録プレート(福岡県)
↑福岡県警後援のパネル
セキュリティ・アパート認定制度 登録プレート(佐賀県)
↑佐賀県警後援のパネル

当協会が福岡県内、佐賀県内の建物の所有者等からの申請に基づく審査を行い、一定の防犯基準を満たす賃貸集合住宅に対し「セキュリティ・アパート(防犯性の高い賃貸集合住宅)」としての認定証・登録プレートを交付するものです。

分譲住宅に比べ防犯性が脆弱な賃貸集合住宅を対象とした認定制度を実施することにより、メーカーや所有者をはじめ県民の皆さんの建物防犯に関する意識を高めていただくとともに防犯性の高い建物の普及を図ります。

対象物件は福岡県内、佐賀県内の賃貸集合住宅(新築、改築、その他既存物件)です。